カーリング女子のコーチの励ましの言葉がスゴイ!聞くだけで元気に

2018年2月19日は、カナダ戦で思い切り負けましたね~。カナダが強いというより、日本のカーリング女子選手たちが戸惑っているように見えました。その中で、おやつタイムのコーチの励ましがスゴイ!と話題になりました。

一次リーグで一番苦しい試合となったカナダ戦。コーチの励ましはどんなものだったのでしょうか?

Sponsored Link

 

苦戦を強いられたカナダ戦

試合の前に、運営側がストーンを削ったことで、苦戦を強いられたと言います。どうやら、何かしらの理由で、ストーンを削ったというかメンテしたらしいです。

日本のカーリング女子選手たちはインタビューで、「石の変化にパニックになってしまった。」と話していました。

ネット上では、ストーンが運営側に勝手に削られたの?!と驚きの声があがりました。

しかし、おそらくですが、カナダも同じ条件のはずです。そして、カナダの選手たちは、ストーンの変化やリンクの変化を読み切って迷いないプレーをしているように見えました。

そんな中でのコーチの励ましの言葉が、すごく印象的でした!

Sponsored Link

 

コーチが英語で選手一人一人に語り掛ける励ましの言葉が素晴らしい!

短いおやつタイムの中で、落ち込む日本のカーリング女子選手たちにかけていた言葉が素晴らしかったですね。

パニックとかフラストレーションが起きてるからね。それはまずい。
みんな一緒にいるんだ。コミュニケーションを取り続けよう。

どんなことが起きようと、勢いを維持しよう。

君たちならできる。ポジティブな状態でいよう。

どうやってハウスに入れようか考えすぎているし、
自分を信じ切れていないから、それは取り払って。

自分たちを信頼して。うまくいかなかったら次へつなげればいいんだ。

リラックスして。今のままで十分OKだから。

技術的なアドバイスではなく、選手たちの力を信じて、話しかけるコーチの姿と、落ち着いた声に心を打たれました。

実際に、後半戦は持ち直してきていました!

コーチが選手に語り掛けるようすはこちらです。

 

励まされたという人も!

コーチの言葉に「私も励まされた」という人もけっこういました。

日本人は落ち込んでいる局面で「やっぱ、無理なんだよ」と考えがちだと思います。

でもそれって、つい、具体的なダメ出しをもらうことが多いからじゃないかな、って思います。

だから、ミスがあったり、絶望的な局面でも、今の自分を信じて。今のままで大丈夫!と励まされることが多かったら、ちょっと違ってくるのかなと。

子どもには、カーリング女子のコーチのような声かけができる親でいたいなあ、と思いました。

Sponsored Link