堂本剛で”金田一37歳”の実写化?ともさかりえのSNSアピールとは

堂本剛さんがkinkikidsのラジオ番組で金田一37歳の事件簿について語りました! 金田一37歳の事件の漫画の連載がイブニングで始まって初めてのことで話題になっています。金田一37歳の事件簿の連載開始のことは、ともさかりえさんも話題にしていて、ファンの間では、実写化の期待が高まってますね。堂本剛さんはやる気なのでしょうか?

Sponsored Link

 

堂本剛は”金田一37歳の事件簿”をやる気?

ラジオで堂本剛さんが”金田一37歳の事件簿”を語ったのはファンのお葉書からでした。

ラジオ番組での堂本さんのコメントをそのまま書き起こしてみました

まずはゆうりさんからのお葉書です。

「剛くん、金田一37歳の事件簿というマンガの新連載が始まりましたね。」

うんとね、はじまっとんなあ、って思ってましたわ。うーん、もう謎は説きたくないとぼやいてました。しがないサラリーマン金田一37歳。ちょうど僕ですね。もうほんとに説きたくない。あのー、何十なんページ?入らへんしっていう。うーん、容赦なく舞い込む事件を解決していくっていう。

「この話を聞いて真っ先に剛君が思い浮かびました。金田一の20年後は勘弁してくれと言ってられたと思いますけど、まさかのスタートですね」

まー、あの、今のところ、クリビツ仰天ですね。

 

20年前って、ドラマの撮影をかなり長い間やってましたよね。

かなり辛かったみたいですね(´・ω・`)

でもまあ、何十なんページものセリフ覚えと演技を、10代で求められたのは、それだけ剛さんがすごかったし、期待されていたんだと思います。

Sponsored Link

 

 

もしかして映画ならやる?

でも、まったくやらないとも言ってはいないんですよね。

 

僕、仕事で髪を切るんでね。仕事で。アート寄りの意味で。金田一髪が長いんですけどね。切っちゃうからなあ。

それでもよければって感じはありますけれども。

僕やっぱり芝居してるっていうのが、得意ではないなあ。メンタル的に。。

映画とかやったら、ぱぱっぱっぱっとそこだけやって、あとは「お疲れした!お疲れした!」って、すぐなかったこと!って感じでできるんで、いいと思うけど。

 

おお!

ってことは、映画ならやるの?と、期待してしまいますね!

金田一37歳の事件簿は堂本剛で実写化を見たい!その可能性は?

 

 

堂本剛、難聴のことに触れる

堂本剛さんは2017年6月に突発性難聴を発症し治療を続けています。夏に予定されていた音楽フェスをキャンセルしたりなど、仕事もセーブしていました。しかし今は発症した時から比べると、よくはなっていると言われ、冬のコンサートもやっていましたね。

堂本剛さん自身は、難聴と金田一37歳のことをこう話していました。

 

耳のこともあるしなあ。どこまで機能するかねえ。

うーん。左から「はじめちゃん!」って言われても聞こえてない可能性があるからなあ。無視する。

はじめが「あ、謎はもう解きたくないんだ!おまえならわかってくれるよな。美雪」って言うてますね。

ドラマとなると、メンタル面での負担があると堂本剛さんは以前から言っていましたからね。

突発性難聴はストレスによって発症したり悪化することはよく知られています。そう考えると、突発性難聴を抱えている堂本剛さんが、ドラマの主役ができるのかは心配です。

 

ともさかりえはやる気満々?

ともさかりえさんは、お子さんを育てながら、女優業もやっておられます。舞台で活躍されているので、テレビではあまり見かけないかもしれませんね。

今でもとてもきれいですし、演技力もあるので、37歳の七瀬美雪役はばっちりだと思います。

ともさかりえさんがどのように思っているのか、定かではありません。ただ、金田一37歳の事件簿が始まったときに、自身のブログで

「金田一37歳の事件簿」
これは買わずにはいられなかった。
はじめちゃんも美雪も37歳かぁ。
堤監督に連絡しよ〜と思ったら、
そうだ私のLINEは
初期化されたんだった。

37歳のはじめちゃんは
相変わらずのはじめちゃんでした。
それが何だかうれしかった。
美雪との関係はどうなってるのー!
早く続きが読みたい。

と書いています。
堤監督に連絡しよう、なんて、いつでもスタンバイオッケーですよって言ってる気がして、美雪はやる気!?と思ってしまいますよね。

ファンも、ともさかりえさんの大人になった七瀬美雪役を見てみたいです。そうなったら、37歳のはじめちゃんと美雪の恋愛事情から目が離せなくなりそうです。それにしても、大人な関係のはじめちゃんと美雪、見た過ぎます!

そうは言っても、いずれにしても、堂本剛さんが主役をしてくれないと始まらない話ですしね。難聴を抱えながらの活動にドラマや映画はできるのか?”金田一37歳の事件簿”が、剛さんを当てはめて書かれたものなら、答えるしかない、とも、堂本剛さんは言っているそうなので、金田一37歳の事件簿の実写化とこれからも堂本剛さんの動きが気になりますね。

Sponsored Link