レンジフードも食器洗いも同じでした。

年末に掃除をしたい場所の一つにレンジフードがありました。去年も年末が忙しくて、レンジフードをあきらめてしまいました。今年も身内の不幸や、地域の役があたっていたりと、さらに忙しくて、年末の片づけはあきらめていますが、去年手を付けなかったレンジフードだけはやりたい!ということで、年が明ける数時間前にレンジフードを開けました!

Sponsored Link

浅型レンジフードの分解は簡単。

うちは浅型レンジフードです。古いタイプのものなので、フードのねじを外してとってしまうと、中にファンがあるだけのシンプルな構造。中華料理屋さんの油汚れべったりなんじゃないかと心配しましたが、そんなことはありませんでした。そもそも、そんなに油を使う料理をしませんしね。てんぷらや揚げ物はほとんどしませんから。

フードも食器洗いと同じ要領でした。

フードはかなり大きいのですが、うちはシンクがかなり広いので、そこで洗ってしまいます。こうなると、レンジフードも食器洗いも同じでした。ただ、2年分なので、油汚れの層が結構分厚くなっていて、スポンジで洗うだけでは落ちませんでした。

Sponsored Link

重曹とセスキ炭酸ソーダが大活躍。

うちのキッチンでは日ごろから、重曹とセスキ炭酸ソーダを使って掃除をしています。セスキ炭酸ソーダをかけて油汚れが中和されたら、重曹を研磨剤のように使って掃除をするのです。これで、キッチンの汚れは、あっという間にピカピカになります。(ガスコンロの汚れはするっと落ちてしまうので、この方法にしてから、ガスコンロもきれいに保てるようになりました。)レンジフードの分厚い油汚れは、70度くらいのお湯をかけてから、セスキ炭酸ソーダをお湯で溶いたものをスプレーしていきました。その時にキッチンペーパーでシップをしました。しばらくしたらキッチンペーパーをはがし、重曹を振りかけます。ちょうど期限切れのクレジットカードがあったので、そのカードで、重曹を油汚れを一緒にこそげとりました。こそげとった塊は広げた新聞紙の上にポンポンと投げていきます。これで一通りの分厚い油汚れを取り除いたら、液体せっけんと水を1:1で混ぜたものに、セスキ炭酸ソーダを少し入れた液体洗剤を作り、それをスポンジに含ませて洗っていきます。お湯で流すとさっぱりしました。これを表裏やったらレンジフードの汚れは終わりです。

ファンは、レンジフードを洗う前に、外してお風呂場にもっていきました。不燃ごみ用の強めのごみ袋を2枚重ねて、その中に熱めのお湯とセスキ炭酸ソーダを溶かしてつけておきました。ファンには分厚い油汚れはなかったので、これだけでほとんどきれいになっていましたが、最後に作った液体洗剤で洗うとさっぱりしました。

新聞の上で乾かしてセットして終了。

お湯で洗い流したら、床に新聞紙をひいておいてその上にのせて自然乾燥しました。それでも残っていた水滴はキッチンペーパーでふき取って、ファンをもどして、レンジフードをもどしたら終わりました。

大掃除からレンジフード掃除をなくすために。

いつもはそのままで使っていましたが、今年は浅型レンジフード用のフィルターがあったのでそれをつけてみました。これで半年ほど使ってみます。半年でまたレンジフードを開けて、それほど汚れていなければいいなと思います。というのは、夏にレンジフードを掃除して、フィルターを新しくつけて、今度の年末にはレンジフードを掃除しないためです。今回レンジフードを掃除してみて思ったのは、油汚れは寒い時期はとにかく硬く掃除がしにくかったです。今回やってみたらレンジフードの掃除はそんなに時間がかからなかったので、今年からは、暑い時期にやってしまい、年末の大掃除ではやらないことにしようと考えています。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です