東京ゲゲゲイがテレビに!動画でみてたマイキーやyuyuの声やコメントは?

東京ゲゲゲイが、2月5日の「深イイ話」でテレビにでます。テレビでキレッキレのダンスを見れると思うと楽しみすぎます!一度見たら病みつきになるあの独特のダンスパフォーマンス。どの曲を披露してくれるのでしょうか?

Sponsored Link

 

動画で見てた東京ゲゲゲイが、テレビで見れる!

チュートリアル徳井が気になっているダンスグループとして「東京ゲゲゲイ」がテレビ出演しました!ファンの間では、「録画して、リピートする!」「絶対にリアルタイムで見る」と前日から話題になっています。

これまで、動画サイトYouTubeでしか見たことのないファンも多いと思いますので、マイキーやyuyuなどメンバーの様子もとても気になります。

はたして、チュートリアル徳井さんと、マイキーやyuyuはどんなふうに絡んでくるのでしょうか?それも楽しみです。

Sponsored Link

 

東京ゲゲゲイって誰?

キレッキレのダンスパフォーマンスをするダンスグループです。

マイキー率いる5人のグループ。マイキーだけが男性で、あとは女性。でも、動画を見ると、全員が中性的な衣装やメイクで出てきているので、東京ゲゲゲイってみんながゲイなの?と思う人もいるようです。

5人がシンクロするピタッと息の合ったダンスパフォーマンスは、一度見てしまうと、何度も見返してしまいます。ただのシンクロダンスではなく、自転車に乗りながらのシンクロダンスとか。

とにかく、シュールなメロディーと、ぴったりとシンクロしたダンスパフォーマンス。そして独特の衣装(コスプレ?)が病みつきになってしまいます。

 

東京ゲゲゲイの経歴

2013年
テレビ東京系列の深夜番組『DANCE@TV』でのダンスコンテストDANCE@HERO JAPAN 5th SEASONに挑戦するべく、MIKEYが自身の生徒の中から選抜したメンバーで結成。
DANCE@HERO JAPAN 5th SEASON round1に作品「東京ゲゲゲイ女学院の誓い」で1位を獲得。round2に進出(7月)
DANCE@HERO JAPAN 5th SEASON round2に作品「呪われた体育館の鏡」で1位を獲得。round3に進出。このroundよりYUYUが参加し、その後正式加入となる。(8月)
DANCE@HERO JAPAN 5th SEASON round3に作品「OH HAPPY GAY!!!!」で1位を獲得。round4に進出(9月)
DANCE@HERO JAPAN 5th SEASON round4に作品「世界の果て」で歴代最高得点を獲得して優勝。5代目DANCE@HEROとなる(10月)
MIKEYの独特な世界観から作られるダンス作品は「キテレツメンタルワールド」と名付けられ、審査員であったテリー伊藤も絶賛する。

台湾のダンスイベント「Kick Ass」に作品「東京ゲゲゲイ女学院 授業参観」で参加(12月)
2014年
DANCE@LIVE JAPAN FINAL 2014に作品「許されぬ欲求」で参加。(4月)
自主制作した日本エレキテル連合のパロディ動画がYouTubeで70万回再生を超え、テレビ番組でも紹介。その後、本家・日本エレキテル連合とも共演する。(6月)
2015年
国際交流基金アジアセンターとパルコが主催するストリートダンスで日本とアジアをつなぐ国際企画「ダンス・ダンス・アジア ~クロッシング・ザ・ムーヴメンツ~」に参加。
1月にフィリピン・マニラ、3月にタイ・バンコクでワークショップと30分作品を上演。バンコクでは、現地の人気ダンスカンパニーとも共演。
また東南アジア最大のスラム街クロントゥーイに住む子供たちと舞台で共演するなど、国境を超えたダンス交流を行い、数多くの地元メディアに報道された。

PARCOプロデュースでMIKEY振付、演出のダンスエンターテインメント「ASTERISK〜女神の光〜」に出演。(5月)
作品「葬儀」を発表。(7月)
ダンス・ダンス・アジア東京公演に出演。 ONE OK ROCKの“The Way Back”のミュージックビデオをYUYUが振付、MARIE、MIKUもダンサーとして出演。(10月)
東京ゲゲゲイ×富士フイルムの年賀状2016のコラボレーション企画として作品「年賀状で恋が叶うおまじない」を発表。(11月)
古屋兎丸原作、河原雅彦演出による舞台「残酷歌劇 ライチ☆光クラブ」にMIKEYがパフォーマンス演出、BOW、MARIE、YUYU、Mikuが出演。(12月)
2016年
元日のバラエティ番組『初詣!爆笑ヒットパレード』にて生放送でパフォーマンスを披露。ナインティナインの岡村隆史に「今年ブレイクまちがいなしの注目アーティスト」として紹介される。(1月)
第10回日本ダンスフォーラム賞受賞(森山未來とダブル受賞)[1]。審査員は、評論家、制作者など舞踊界の重鎮10数名で構成され、一年を通じて目覚ましい活動によって、ダンスに貢献した個人または団体として選ばれる。(4月)
PARCOプロデュースでMIKEY振付、演出のダンスエンターテインメント「ASTERISK〜Goodby,Snow White 新訳・白雪姫〜」(中村うさぎ原作)に出演。(5月)
作品「葬儀」を発表。加藤ミリヤ 「DRAMATIC LIBERTY tour」にゲスト出演(8月)
PARCOプロデュース「キテレツメンタルワールド 『東京ゲゲゲイ歌劇団』」初演(11月)
2017年

日本経済新聞1月11日夕刊にて音楽、ダンス、演劇、映像など様々なジャンルを融合したパフォーマンスが持ち味の5人組グループとして紹介される。
野田市文化会館(8月26日 1日1公演 満席)、湘南台文化センター(9月2日 1日1公演 満席)にて東京ゲゲゲイ歌劇団vol.Ⅰを開催。
サンシャイン劇場(11月16日〜12月3日)にてリチャード・オブライエン脚本、古田新太主演のミュージカル「ロッキー・ホラー・ショー」にMIKEYが振付、BOW、MARIE、YUYU、Mikuもダンサーとして出演。
2018年

PARCOプロデュース「キテレツメンタルワールド『東京ゲゲゲイ歌劇団 Vol.II』」まつもと市民芸術館(1月13日 1日1公演 満席)初演、よみうり大手町ホール(1月17日〜21日 5日間8公演 全回満席)

Sponsored Link