寒くて忙しい時期に風邪をひかない方法

年末の忙しい時期に、できれば風邪はひきたくないものですね。風邪をひかないための効果的な方法は「体を温めること」です。冷えは万病のもとと言います。体温の低い人は、がんになりやすいともいわれます。今回は、手軽にできる体の温め方法を書いてみます。

Sponsored Link

 

目次

1、カイロを使う

2、腹巻を活用する

3、体中の首をあたためる

4、ふくらはぎをさする

5、脚湯をする

6、腕を外側にねじる

 

1、小さいカイロを使う

血液がたくさん循環する場所を温めると、体の中から温まりやすいと言われています。

その一つが、腎臓です。

腎臓を直接温めることはできませんが、腎臓のあるあたりの背中にカイロを貼るだけでOKです。

小さいタイプのカイロを、左右の腎臓のあるあたりの背中にそれぞれはりましょう。

Sponsored Link

 

2、腹巻を活用する

最近はどんなドラッグストアに行っても、腹巻が売っています。

薄いもの一枚でも、おなか周りに一枚ぴったりと腹巻があるだけで、体の温まり方は違います。

この時に、腹巻は少し長めがいいですね。

骨盤の上の端から肋骨の下くらいまであるとよいです。

腎臓がカバーされて温まります。

 

3、体中の首を温める

首だけでなく、手首足首を温めると、首より内側の体がよく温まります。

手軽なのは、ネックウォーマー、ハンドウォーマー、レッグウォーマーを同時に使うことです。

特に寝るときに寒さを感じてしまう人は、寝るときにネックウォーマー、ハンドウォーマー、レッグウォーマーを同時に3つ使いましょう。

体がポカポカして眠りやすくなります。

 

4、ふくらはぎをさする

ふくらはぎは、血液を心臓に送り返すためのポンプの役割をしています。

寒いとふくらはぎの筋肉はカチッと固まったり、パンっと張りやすくなります。

こうなると、足に流れ込んだ血液が、体の中心に戻りにくくなり、足が冷えやすくなります。

足の先が冷えやすい人で、ふくらはぎがカチコチの人は少なくありません。

とはいえ、かちこちのふくらはぎをどうやって柔らかくしたらいいのかと思いますよね。

実はとても簡単で、日ごろから頻繁に、さするだけで柔らかくなります。

お風呂に入っているときにさするのが効果的です。

毎日続けると、早い人で3日くらい、遅くても7日くらいで柔らかさを実感できます。

 

5、朝、脚湯をする

一番体が冷えているのは朝だと言われています。

本当は朝にゆっくり湯船につかって体を温めることができればいいですね。

もしそれが難しければ、脚湯が効果的です。

足湯ではなくて脚湯。

膝が隠れるくらいの高さのバケツかなにかを用意して、そこに40℃程度のお湯を入れて脚を膝上までつけるのです。

10分間、お湯の温度を下げないように、お湯を足しながら過ごします。

もし、お風呂場で行うときは膝から上が寒くないように、工夫が必要になります。

私は、手首足首にウォーマーをつけて、もこもこのフリースと毛糸の帽子をかぶって、下は短パンをはいて脚湯をします。

お湯につけない部分はできるだけ露出せずに、熱が逃げないようにするのがコツです。

 

6、腕を外側にねじる

これは、寝る前などに良く行います。寒いと背中を丸めてしまいがちです。

その時に実は肩や腕が内側にねじれて、どんどん前内側に入り込んでいきます。

実はこれが手の血液の流れを悪くしていることがあります。

なので、毎日腕を外側にねじる体操をします。

こうすることで、内側へのねじれをとるのです。

やってみるとよくわかりますが、腕を外側にねじるだけで自然に、背筋が伸びて、胸が大きく開き、呼吸がしやすくなります。

最初は一人でするのは難しいかもしれません。

その時は、家族に自分の後ろに来てもらい、後ろから腕を外側にねじってもらいましょう。

体が硬くなっていると、1回外側にねじるだけでも痛いかもしれません。

続けると、2回、3回くらいまでは簡単にねじれるようになります。

続けていくと腕の血流がよくなって、手先がポカポカするようになります。

 

まとめ

風邪の予防に効果的な、簡単に体を温める方法をご紹介しました。

どれも簡単なことばかりですので、ぜひ続けてみてくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です