アンナチュ3話-裁判証拠に隠れた真実?法廷のやり取りがすごい!

アンナチュラルの第3話。毎回スリリングな展開で一瞬も目が離せない展開です。なので3話も期待が高まっていますね。野木亜紀子さんが脚本を書いたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」は有名ですが、レンタルビデオ店では軒並み、逃げ恥がレンタルされているそうです。3話がどんな展開なのか予想してみます。

Sponsored Link

 

アンナチュラル3話は裁判証拠に隠れた真実が鍵!

アンナチュラル3話は半年前の事件を取り扱っています。被害者は最近話題になりやすい主婦ブロガーです。でも、今回の事件はリアルタイムではなく、半年前に起こった事件の裁判。法廷バトルです。「妻を殺しました」と自白し有罪が確定であろう容疑者の夫(温水洋一)の弁護側の証人としてミコトが出廷します。しかし、法廷でミコトが「大変申し訳ないのですが、凶器が傷口と矛盾しています」と、容疑者の夫の無罪を示すような証拠の矛盾に気が付きます。そのため、容疑者の夫は、一転して無実を主張し始めるのです。

とはいえ、無実の証拠がみつかり、簡単に無罪放免とはいかないようです。

というのも、検事の烏田(吹越満)は有罪率99.9%の検事。島田は自身の威信をかけて、ミコトと全面対決となるのです。かなり熱い法廷バトルが期待できます。

Sponsored Link

 

3話の見どころは?

証拠の扱い方や、島田がどのように有罪を証明していくのか?他に犯人がいるのか?凶器が矛盾していただけでやっぱり夫が犯人なのか?ということが気になります。予告編では夫は「妻を殺した覚えがない」と言っています。何を覚えていなくてどういう証拠で起訴されているのか。この辺りは細かい設定があると思うので、法医学ドラマファンとしては一つも見逃さずにいたいところです。

また、マスコミの動きも気になります。有罪率99.9%の検事が、解剖医と法廷バトルですから、1話2話に出てきた記者の動きはかなり気になります。また、週刊ジャーナルの末次にとっては、UDIに潜り込ませている六郎から内部事情を聞きだす絶好のチャンスです。ですが、六郎は1話2話を通して、不自然死に向き合うミコトのひたむきさや、絶望的な過去がありながら前向きに明るく生きるミコトの姿に好意を抱き始めています。この状況では、末次に協力すれば六郎はミコトたちを裏切ることになりかねません。六郎がミコトたちと末次の間で板挟みになるのは間違いないでしょう。

これだけでも、内容が満載ですが、さらにUDIの内部事情も大きく揺れるようです。揺れの中心は、もう一人の解剖医・中堂のようです。2話ですでにミコトの過去が明らかになっただけに、次は、中堂の過去への布石ではないかと思います。中堂が葬儀屋に依頼して探している赤い金魚の謎に少し近づくかもしれませんね。

野木亜紀子さんの脚本のメッセージ性がスゴイ

野木亜紀子さんの話題性のある題材選びは秀逸ですね。1話は大病院やメディアの闇、2話はネカマによる女性監禁という題材でした。2話は座間市の事件を思い起こすものでしたが、脚本はその前に書きあがっていました。野木さんは「私たちの生きる世界にはたくさんの落とし穴があり抗う術はとても少ない」と言っています。いつもは思いもしないけど、誰にでも起こりうる穴があるよということを、ドラマを通して描き出すなんてすごいな、と毎回思っています。

アンナチュラルの第3話の法廷バトルと伏線の展開。楽しみで仕方がないです。

Sponsored Link