米津玄師lemonの初回限定映像盤の中身は?2018年ライブ映像がついてくる!?

米津玄師さんがTBSドラマアンナチュラルのために書き下ろした新曲「Lemon」が、初回限定で「レモン盤」と「映像盤」の2タイプの初回限定が発売されると公表されました。ファンとしてはDVDかグッズ付きにするか。悩むところですね。発売日はホワイトデーの3月14日。これまで米津玄師さんがドラマの主題歌を歌う場合、ドラマの公開から1か月後の発売ということがありました。しかし今回は、ドラマ公開2か月後の発売です。かなり待ち遠しい2カ月となりそうです。

Sponsored Link

 

初回限定の2種類とは?

一方は、CDとDVDがセットになった「映像盤」 定価は ¥1,900+税 となっています。

一つは、CDとグッズがセットになった「レモン盤」 定価は ¥2,000+税 となっています。

初回限定でしか手に入れることができないグッズですから、手に入れたいと思うファンは多いでしょう。しかし、米津玄師さんの作り出す映像はとても人気があり、米津玄師さんのファンでしたら、映像もどうしても見たいと思います。

Sponsored Link

 

DVDには、初のライブ映像が収録されています!

DVDには1月10日の「米津玄師 2018 LIVE / Fogbound」ライブ映像が収められています!ライブ映像が販売されるのはこれが初めてです。このような形でライブ映像が手に入るなんてかなり感激しています。収められている楽曲は、「春雷」「灰色と青(+菅田将暉)」「LOSER」「ピースサイン」「砂の惑星」など8曲だそうです。

「Lemon」盤には書き下ろしレターセット!

私が最も期待したいのは、米津玄師さんの書くイラストだったのですが、レモン盤には米津玄師さんが「Lemon」に込めた思いを形にした、オリジナルのレターセットとのこと。優しいテイストのレモンが描かれたレターセット。使うのがもったいないですね。

 

もちろんどちらも欲しいですね!

初回限定で2バージョンの発売と聞いて、どちらにするかと考えましたが、こうなってくると、どちらにするかという選択肢はない気がします。

「YANKEE 初回限定(映像盤)」の時は、映像盤とは別に「画集盤」があり、こちらはプラス1万円とかなり高額でした。しかし今回は、通常盤が1200円(税別)に対し、1900円、2000円(ともに税別)とかなり手に取りやすい価格になっています。

どちらか選ぶとしたら、もちろん映像盤ですが、レターセットも手にしたいですよね。

Sponsored Link