電気毛布の電気代は1時間にいくらかかる?コスパ・機能が良すぎ!

爆弾寒波で鹿児島まで雪!と聞いてびっくりしています。寒さの厳しい夜は冷たい布団に入るのは憂鬱ですね。電気毛布を導入しようかと思ってもどうしても電気代が気になります。そこでどれくらいなのかを調べてみました。

Sponsored Link

 

電気毛布の1時間の電気代はいくら?

電気毛布の消費電力量は、家電の中でもかなり少ないです。

その中でも、最も消費電力の低いものは、「強」42wh 「3」で31Wh程度です。

この消費電力の電気毛布が1時間に使う電気代は、「強」で 約1.1円 。「3」で 約0.83円です。

この電気毛布を一晩に10時間(睡眠2時間前+睡眠8時間とかなり贅沢な使い方)で計算してみました。

「強」の場合 「3」 の場合
1時間あたり約1.1円
1日あたり 約11円
1カ月あたり約340円
1時間あたり約0.83円
1日あたり 約8円
1カ月あたり約251円

 

1カ月間毎晩「強」で使ってもこの電気代です。

仮に、4人家族がそれぞれ一枚ずつ、電気毛布を使っても1日の電気代は4.4円。

一カ月では、月に1360円です!

電気代が、ひと月に1000円アップするのは高いと思う人もあるかもしれませんが、お布団の入りづらさや、朝方に体や手足が冷えて辛いといったことにならないことを考えるとかなり出す価値は十分にあると私は思いました。

Sponsored Link

 

ほかの暖房家電に比べるとコスパがいい!

冬の間、どれくらい電気毛布を使うのかは、地方によると思いますが、例えばうちの場合は、12月~2月の3か月くらいになります。そう考えると、年間で3000円です。

今まで、あまりに寒いときはエアコンをつけてしまっていたのですが、エアコンを毎日8時間使い続けると、6畳用のエアコンでひと月で電気代が3200円ほどになります。エアコンを切って、今は電気毛布を2枚しか使っていませんので、ひと月に500円程度の電気代だと思うと、差額は2700円もあります。

そう考えると、電気毛布は、エアコンに比べると、かなりコスパがよいですね。

石油ファンヒーターを使っておられる方もありますが、石油ファンヒーターを寝ている間に使うのは、火災の危険があって怖いですよね。

また、ご家庭によってはオイルヒーターを使われていますが、オイルヒーターの消費電力はエアコンよりはるかに高いです。またオイルヒーターは、温かさを得るにはずっとつけっぱなしにしなくてはならないため、消費電力と使用時間から、電気代はすごく高くなります。

そう考えると、今のところ寝るときの暖房家電としては、電気毛布はとてもコスパがよいと思います。

 

さらに電気代を押さえたいなら24時間タイマーもあるけれど。

それでも、この記事を読んでくださった方の中には、より電気代を押さえたいという方もいらっしゃると思います。そういう方には、24時間プログラムタイマーを使うことができます。

15分毎に電気を切ったり入れたりできるので、眠った後はしばらく電気を切るようにしておいて、起きる前に電気が入るようにしておけば、寝るときと起きるときに快適で、かつ、眠っている間の電気代をカットしてくれます。

ただ、800円程度で購入したとして、2年で元が取れますが、タイマーがどれくらい持つのかわからないです。もし2年以内に壊れてしまったら、かえってコストがかかることになりますね。

 

最後に

電気毛布の1時間当たりの電気代についてまとめてみました。電気毛布の購入を考えておられる方の参考になれば嬉しいです。

Sponsored Link