久夫さんを演じた子役は大山蓮斗!プロフィールや過去出演作は?

ドラマ「この世界の片隅に」では、原作や映画では出てこなかった、鈴の義理の姉、径子さんの息子「久夫さん」が登場しましたね!

映画ではよくわからなかった久夫さんの事情もわかりました。

注目されたのは久夫さん役の大山蓮斗くんの演技でした。

久夫さん役の子役の演技がうまい!天才!泣ける~~!とSNSでも話題になっていましたね!

ドラマ「この世界の片隅に」での久夫さんの状況や、久夫さん役の子役、大山蓮斗くんのプロフィールや過去の出演作を調べてみました!

ドラマ「この世界の片隅に」での久夫さんの事情

久夫さんは、鈴さんの義理の姉、径子の息子です。

径子は広島の写真屋さんの息子と結婚し、久夫と晴美の二人の子供に恵まれましたが、夫が病気で亡くなってしまいました。

もともと、姑との仲がうまくいっていなかった径子さんですが、夫がなくなっていこう、よりいっそう、姑ともめるようになり、とうとう、離縁すると実家に帰ってきていました。

ですが、嫁ぎ先の黒村家にとって、久夫は跡取り息子ですから、手放すわけはありません。

径子は、晴美を連れて実家に戻り、もう一度、久夫を取り戻しに行こうと考えていました。

そんな矢先に、径子たちのいる呉まで、一人でやってきた久夫。

久夫は、10歳にもかかわらず、とても礼儀正しくしっかりとした子供でした。

夜になり、「話が合ってきた」と切り出した久夫。

「お母ちゃんとおばあちゃんはうまがあわん。一緒に生きていくことはできん。でもこのままというわけにはいかんやろ。だから僕は、お母さんと晴美とは離れて生きると決めた」

と、決意を径子に告げました。

その晩は、径子、久夫、晴美が、楽しそうにトランプをします。

三人の明るい声が北条家に響きますが、三人が親子で過ごす最後の夜でした。

翌朝、一人で北条家を去る久夫を、径子は思わず追いかけます。

すると、北条家から電車の駅までの道を歩いていた久夫は、一人声を殺して、涙を流していたのでした。

「電停までいっしょにいこ」

径子は久夫にそう声をかけて、手をつなぎ歩き始めました。

Sponsored Link

久夫役の子役の大山蓮斗くんのプロフィールは?

大山蓮斗くん。きりっとりりしい表情ですね。

プロフィール、調べていますので少しお待ちください。

大山蓮斗くんの過去の出演作!

過去にもいろいろ出演作があります。

西郷どんにも出演していました!


他にも出演作があるようですので、調べたら追記しますね!

最後に

久夫さん役の大山蓮斗くん。演技がすごくよかったです。

久夫さんや晴美ちゃん、など子役さんが、この世界の片隅にをより盛り上げていますね。

大人びていてすごいと思いますが、この時代には子供が子供らしく入れなかったことも、周作がつぶやいていましたね。

おりしも8月は日本に原爆投下があった日。

子供が子供らしく居られる世の中でありますように、という願いのこもったこの世界の片隅にで、再び、大山蓮斗くんがでてきてくれるのか、期待したいです。

Sponsored Link