洗剤なしでも臭いゼロの部屋干しをする上手な干し方と便利グッズ

寒い日の休日に、選択する時間が遅くなってしまったり、曇りの日だったりすると、部屋干しにするか外に干すか迷いますよね。結局、外に干してすぐに取り入れなくてはいけないなら、やむなく部屋干しするしかありません。そんな時でも高価な洗剤や芳香剤には頼らなくても、干し方の工夫や便利グッズで乗り切っています。一年中、部屋干しの臭いゼロを実現させている我が家の部屋干しのポイントをまとめてみました。

Sponsored Link

 

ポイント1 濡れている時間を短くする。

洗濯物の臭いの原因は、雑菌です。濡れている時間が長いと、雑菌が繁殖しやすく臭いに繋がります。なので、いかに濡れいてる時間を短くするか、が最大のポイントです。

1)しっかり脱水をする。

洗濯機を自動で回すと、脱水時間は5~6分程度。でも、綿や分厚い衣類には少し足りません。脱水が終わったら分厚いものだけ残してもう一度、5分程度脱水をかけるとよいです。この時に、乾いたバスタオルを入れることもあります。川対バスタオルが吸水してくれて、脱水がとても進みますよ。

それも面倒という方は、最初から10分程度の脱水時間に設定するのもいいですね。

うちの洗濯機には風乾燥という機能がついています。脱水後、室温の風を洗濯機内に送りながら洗濯物を乾燥してくれます。温風ではないので乾くことはありませんが、かなり乾燥が進みます。洗濯層が脱水時と同じように回り続けるので、大切にしたい衣類には向きませんが、バスタオルや、丈夫なデニムがあるときは、それだけ残して風乾燥をかけることがあります。

2)夏は温度が高い場所、冬は乾燥している場所に干す

うちの場合、季節によって干す場所が変わります。

夏は温度が高い場所や日当たりのいい場所を選び、扇風機を回します。気温と風で3時間程度で乾いてしまいます。

冬は、暖房をつけていて、乾燥の強い部屋に干します。この時にホームセンターに売っている部屋干し用の物干しだと、生活感が出すぎてしまいます。つい、目につかない場所に追いやりたくなるので、そうならないように、物干しを木製のバーでDIYしたり、ハンガーやピンチハンガーをステンレスで統一して、生活感を押さえています。ハンガーを服の大きさ順に並べると、ちょっとした服やさんのようで、洗濯物もあまり気にならなくなります。見えるところに干しているので、乾き具合のチェックがすぐにでき、乾いたらすぐ片づけることができます。なにより、これで、部屋の湿度が保たれるので、家族には代転ばれています。

Sponsored Link

 

ポイント2 合成洗剤や石鹸を使わない

「セスキ炭酸ソーダ」や「酸素系漂白剤」を使う

洗剤を使うと、洗剤の残りが臭いの原因になることがあります。合成洗剤はいろんな香りが楽しめますが、臭いが発生した時に複雑な臭いになることがり使わなくなりました。

除菌や消臭効果のある洗剤は悪くなかったのですが、頻繁に購入することになり面倒でやめました。

一時期、業務用の液体せっけんを使っていましたが、こちらは、合成洗剤よりも石鹸かすがにおいの原因になりました。

そういった経緯で、現在は「セスキ炭酸ソーダ」や「酸素系漂白剤」を使った洗濯に落ち着いています。子どもが生まれる前からなので、8年以上になりますが、臭いが発生しにくくなり、一番スッキリと洗濯ができています。

肌着はときどき、酸素系漂白剤と40℃くらいのお湯で洗うと、より白く、皮脂汚れがスッキリ落ちて、とても気持ち良いです。

脱水回数減↓ 洗剤量減↓ でも臭わないアルカリイオン水洗濯

以前、アルカリイオン水を作る機械の訪問販売の営業を受けたことがあったんです。油汚れには特に強くて、水だけであっという間にキッチンがピカピカになりました。なので、アルカリイオン水の洗浄力はよく知っていました。洗濯につかうといい、とも聞いていましたが機械はとても高価すぎて、購入には至りませんでした。

でも、最近、簡単にアルカリイオン水洗濯ができる、洗濯補助グッズを知りました。

高濃度のマグネシウムの粒の入ったメッシュの袋を、洗濯物と一緒に回すだけで水道水をアルカリイオン水に変えてくれるというものです。

環境への負担を軽くしたいオーガニック思考の人たちの間で、2017年に人気が高まっています。

うちでは、平均して6キロ~8キロの洗濯物が出るので、その量に見合うだけのグッズは揃えることができませんでした。でも、セスキ炭酸ソーダの量を1/3量にでき、脱水回数は1回で済ませていますが、部屋干しの臭いが心配になるようなことは起こっていません。

最後に

洗濯物を外に干せないと部屋干しの臭いが心配になりがちです。

でも、

1)洗濯物が濡れている時間を短くして、雑菌を繁殖させない。

2)洗剤をできるだけ排除して、臭いのもとを衣類に残さない。

の2点を満たすことで、簡単に部屋干しの臭いから解放されますので、よかったら参考にしてみてください。

Sponsored Link